お知らせ:現在、すべてのクラスはオンラインでレッスンしています。

英語アポストロフィの位置

今回は、所有を表すアポストロフィ「’」の位置と、アポストロフィS「’S」を付けたときの発音についてお伝えします。

 

英語では、名詞の語尾に「’S」をつけると、所有を表す「○○の」という意味になりますが、「’」だけでいい単語もあります。

また、発音が「○○ズ」となるのが多い中で、「○○ズィズ」という発音になるものがあります。

名詞が単数形なのか、複数形なのかによって、アポストロフィ「’」の位置や発音が変わることがあるんですね。

では早速見ていきましょう。

 

名詞が単数形のときは「’S」をつけるだけ

名詞が単数形のときは、うしろに「’S」をつけるだけで「○○の」という意味になります。

たとえば、Johnは単数形なので、Johnに「’s」をつけて「ジョンの」とすればOKです。発音もジョンズです。

John (ジョン)

 

 

しかし、「Simmons」や「James」のように、すでにSで終わっているものがあります。

この場合は、うしろに「’S」を付けてもいいし、「’」だけでもいいし、どちらでも正解とされています。

 

発音の違い/Pronunciation

例えば「James’s」と「James’」、意味はどちらも「ジェームズの」ですが、発音に違いがあります。

「’」だけをつけた発音

James’ → ジェームズ 

「’S」をつけたときの発音

James’s → ジェームズィズ 

「ジェームズィズ」の最後は「ィズ=ez」と発音します。

これらは、文脈ではもちろんわかりますが、スペルを見なかったら、「ジェームズ」なのか、「ジェームズの」なのか、分かりにくいことがあります。

ちなみに、スペル表記ですが、アメリカ英語では「James’s」のほうが一般的に使われています。

最後が、「ィズ=ez」の発音で終わるもの

ezの発音で終わるものを少しだけご紹介します。

Simmons’s → シモンズィズ(シモンズの)

Jesus’s → ジーザスィズ(イエスの)

Chris’s → クリスィズ(クリスの)

The bus’s → ザ・バスィズ(バスの)

Texas’s → テキサスィズ(テキサスの)

複数形の場合/Plural

Sで終わる複数形の場合は、すでにSで終わっているので、Sの後ろに「’」を付けるだけでOKです。

boys (少年たち)

boys’(少年たちの)

複数形だけど、語尾にSが付かない場合は、基本通り「’S」を付ければOKです。

children (子供たち)

children’s(子供たちの)

people (人々)

people’s(人々の)

所有者が複数のとき/Compound

TomとJerryが共同で所有している場合は、最後の名詞にだけ ’S を付けます。

「Tom and Jerry’s」

Tom and Jerry’s house is big. → トムとジェリーの家は大きい

でも、TomとJerryがそれぞれ所有している場合は、どちらにも ’S を付けます

「Tom’s and Jerry’s」

Tom’s and Jerry’s opinions are different. → トムとジェリーの意見は異なります。

\お知らせ/

会員特典オンライン・フォローアップ講座では、
英語学習者によく見られる、間違いやすい英語を取り上げて、正しく自然な表現に直すというレッスンをしています。
この講座は、英語を教えている日本人の先生にも受けていただきたい役立つ内容になっています。
正しい文法や言い回しを覚えてみませんか?
(原則、日常英会話クラスに入会後に受講いただける講座となっています

お問い合わせ

 
>まずはレッスンを試してみませんか

まずはレッスンを試してみませんか

LINEからもお問い合わせいただけます^^/
友だち追加

CTR IMG