お知らせ:現在、すべてのクラスはオンラインでレッスンしています。

グラタンって英語?それとも和製英語?

【グラタン】はフランス語

グラタンの写真

グラタンってもしかして和製英語ですか?という質問をいただきました。なんとなく和製英語っぽいですが、グラタンはフランス語です。

英語でも「gratin」のスペルがあって通じますが、英語に元々その単語はなく、フランスからの外来語をそのまま使っています。

「グラタン」の英語の発音

アメリカ発音とカナダ発音の2つを、音声にしましたので聴いてみて下さい。同じ英語の発音でもかなり違いがありますね。カナダ発音の方は少しフランス語の響きな感じでしょうか。

実は日本語に方言があるように、英語にも「なまり」があります。大きく分けるとアメリカ英語とイギリス英語ですが、それらも国や地域によってアクセントに違いがあります。英語のなまりについては、また別の記事でご紹介したいと思います。

今回は「グラタン」のアメリカ発音とカナダ発音を比べてみてください。カナダでは英語とフランス語が公用語となっています。カナダ発音がフランス語っぽいのはその影響があるかもしれませんね。

好きな発音、言いやすい発音で練習してみて下さいね^^

 

▼アメリカ発音

 

▼カナダ発音



料理としてのグラタン

ウィキペデイアによると、「グラタン」はフランスのドーフィネ地方の郷土料理から発達した料理で、鍋についた「おこげ」や「こげ目をつける」という意味で、転じて「焼いて焦げ目をつけた調理法のこと」と説明があります。

日本でグラタンといえば、耐熱皿に好みの具材とホワイトソースを絡めてチーズをかけてオーブンに入れ、表面にこんがりと焦げ目をつけて焼いたもので、人気のメニューですね。

でも、実はアメリカや北米などではそれほど有名な料理ではありません。レストランなどで「gratin」と言ったら、作り方含め日本のグラタンとは別物が出てくるかもしれません。

先生は日本に来てから「日本のグラタン」を知ったそうです。いまでは好物のひとつです^^  

 

北米では「キャセロール」がグラタンに近い料理

「キャセロール」も元はフランス語で、「フタ付きの鍋」のことをいいます。いろんな具材とトマトソースなど好みのソースやスープなどを混ぜて耐熱容器に入れオーブンで焼く料理です。

チーズも使ったりすることからグラタンに近いといえます。

キャセロールは冷蔵庫の残り物も整理でき、寒い日もあたたまる家庭料理です。   

 

オンライン限定英語講座のお知らせ

オンライン限定英語講座【直訳英語の20分講座 】では、日本人によくある間違い英語を、ネイティブに通じる自然な言い方に直してレッスンしています。

英語を話そうとするとき、日本語で考えたものを英語に訳すと、とても変な「直訳英語」になって、本来伝えたいこととは全く違う意味になることがあります。

特に、複数形に慣れていない日本人によくある間違いで、いろんな場面で複数形のSを付けずに話すことが多々あります。

例えば、動物としての「犬が好き」と伝えたい時、「I like dog.」と言ってしまうと「犬の肉を食べるのが好き」というビックリな意味になります!! 正しくは「I like dogs.」とSを付けて‘‘複数形”にしなければならないのです。

他に、海外では通じない【和製英語の20分講座】もあります。正しい文法での言い回しや正しい単語、本物の発音を覚えてみませんか?

オンライン限定英語講座をみる

 

>まずはレッスンを試してみませんか

まずはレッスンを試してみませんか

LINEからもお問い合わせいただけます^^/
友だち追加

CTR IMG