お知らせ:現在、すべてのクラスはオンラインでレッスンしています。

【英語で所有を表すアポストロフィ】「s」で終わる名前に「’s」をつけたときの発音

 

英語では、名詞の語尾にアポストロフィs(‘s)をつけると、所有を表す「○○の」という意味になります。発音は「○○ズ」です。

ただし、語尾が「s」で終わる名詞のうしろに「’s」をつけると、その発音は「○○ィズ=ez」になります。

 

名詞が単数形のときは「’s」をつけるだけ

名詞が単数形のときは、うしろに「’s」をつけるだけで「○○の」という意味になります。

Johnは単数形なので、Johnに「’s」をつけて「ジョンの」とすればOKです。発音はジョンズです。

John (ジョン)

 

 

でも、「Simmons」や「James」のように、すでにsで終わっている名詞があります。この場合は、うしろに「’s」をつけてもいいし、「’」だけをつけてもいいし、どちらでも正解とされています。

Simmons(シモンズ)

Simmons’s(シモンズの)
or 
Simmons’(シモンズの)
James(ジェームズ)

James’s (ジェームズの)
or 
James’ジェームズの)
 

「Simmons’s」「James’s」の発音

「Simmons’s」は「シモンズィズ」。

「Simmons’」は「シモンズ」と発音しますが、「シモンズの」という意味を明確で容易に判断するため「シモンズィズ」と発音することもあります。

 

「James’s」は「ジェームズィズ」。

「James’」は「ジェームズ」と発音しますが、「ジェームズの」という意味を明確で容易に判断するため「ジェームズィズ」と発音することもあります。

 

音声はゆっくりめのスピードにしています^^

Simmons(シモンズ)

Simmons’s or Simmons’ (シモンズの)

 

「Simmons’s」「James’s」のように、「ィズ=ez」の発音で終わる語を少しだけご紹介します。

 

 

 

複数形の名詞を所有格にする

 

語尾が「s」で終わっている複数形の名詞

後ろに「’」を付けるだけでOKです。発音は変化しません。

boys (少年たち)
boys’(少年たちの)

 

 

 

複数形だけど語尾に「s」がない名詞

基本通り、普通に「’s」をつければOKです。


children (子供たち)
children’s(子供たちの)

 

people (人々)
people’s(人々の)

所有者が複数いるときの「’s」の位置

複数で所有している場合

最後の名詞にだけ ’s を付けます。

「Tom and Jerry’s」

Tom and Jerry’s house is big. (トムとジェリーの家は大きい)
 
 

それぞれが所有している場合

それぞれに’sをつけます。

「Tom’s and Jerry’s」

Tom’s and Jerry’s opinions are different. →(トムとジェリーの意見は異なります。)
>まずはレッスンを試してみませんか

まずはレッスンを試してみませんか

LINEからもお問い合わせいただけます^^/
友だち追加

CTR IMG